スタッフブログ
2019.09.22
その他

2か所以上から「退職所得」を受けた場合、課税はどうなる?

「退職所得」とは、会社を退職することにより受ける所得のこと。
定年退職や転職などで会社を辞めた時にもらう退職金のほか、社会保険制度に基づいて退職時に支給される一時金、生命保険会社や信託会社から受け取る退職一時金なども退職所得に含まれ、これらはすべて所得税の対象となります。

今回は「退職所得を2か所以上から受給する場合の課税の仕組み」についてご紹介します。

>> 2か所以上から「退職所得」を受けた場合、課税はどうなる?